FC2ブログ
最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まち・コミブログ
阪神・淡路大震災まち支援グループ まち・コミュニケーションの活動日誌 ※写真は、震災やまちづくり学習研修受入をしている様子です。
★11月16日勉強会参加者募集★ 東日本大震災の被災地 福島の住まいの今 住まいの再建と復興まちづくりを学ぶ
s-DSCF9419.jpg

東日本大震災から8年と半年が過ぎました。

 来年で阪神・淡路大震災から25年。東日本大震災等を経、防災の制度は進歩しています。その制度を学び、最近の災害(熊本地震、大阪北部地震、台風21号等)を元に、現在に役立つ知識を身につけたいと思います。

【テーマ】(仮)福島の住まいの今 住まいの再建と復興まちづくり(※糸魚川大規模火災からの住まいの復興も学べます。)
【日時】2019年11月16日(土) 18時30分~
【場所】まち・コミ神戸事務所 (〒653-0014 兵庫県神戸市長田区御蔵通5-211-4-101)
【参加費】1,000円 (大学生500円、高校生無料)
【★申し込みフォーム★(※要申し込み)】http://bit.ly/2nEiNXJ
【講師】
太田亘氏(UR都市機構 福島震災復興支援本部 福島支援部 建築計画課長)
【話題提供】
小野寺憲一氏(気仙沼市震災復興・企画部 部長)

【主催】認定NPO法人まち・コミュニケーション
【共催】募集中

【申し込み(事務局)】
認定NPO法人まち・コミュニケーション
m-comi@bj.wakwak.com 078-578-1100

【Facebookイベントページ】
https://www.facebook.com/events/1552178221616727/


【講師参考資料】
「希望」が見えてきたまちへ(UR災害復興支援の取り組み)
https://www.ur-net.go.jp/aboutus/publication/web-urpress49/special10.html

平成30年度震災復興シンポジウム〜木造住宅密集市街地の新たな復興~(主催:東京都)
https://www.jpaa-kanto.jp/documents/topics/20181220.pdf

糸魚川市駅北大火からの. 「復興まちづくり」について(住宅市街地整備推進協議会)
http://www.jushikyo.jp/doc/zenkoku2018/09.pdf

被災市民 ねぎらいと感謝 糸魚川市の木村副市長、太田管理監 退任で送別会(糸魚川タイムス2019年3月9日)
https://digital.j-times.jp/Contents/20190309/b54aa518-70f1-4326-a901-21edfc77eecd

糸魚川の大火の復興 - 関西学院大学災害復興制度研究所
http://www.fukkou.net/research/group51/files/20180719_gijiroku.pdf

人口は減っても元気なまちづくり
第13回 宮城県気仙沼市――3.11から8年目、まちづくりの現在地 <後編> 小野寺憲一氏(気仙沼市震災復興・企画部)
https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/030700028/041200019/?P=3
『復興のために、コミュニティ再生のために、一緒に耕して欲しい。』台風23号(2004年10月20日)から、ちょうど15年。大地を耕せ続けられたことに、 支えてくださった皆さまへ、感謝いたします。
s-S__45170706.jpg

台風23号(2004年10月20日)から、ちょうど15年。
何もわからない中、『復興のために、コミュニティ再生のために、一緒に耕して欲しい。』と言われて始めた。
黒豆収穫に、たくさんの方がきてくださり、嬉しい再会もありました。
15年間、大地を耕せ続けられたことに、
支えてくださった皆さまへ、感謝いたします。

【参考】出石市民農園再建事業について
http://park15.wakwak.com/~m-comi/proj...
※2004年の台風23号水害以降、農園の再建と地域再発見に向けて取り組んでいます。



[READ MORE...]
桜ライン311(岩手県陸前高田市)が、 まち・コミ神戸事務所に、防災・復興地域づくりの視察研修に来てくださいました。

s-IMG_20190926_163216.jpg

桜ライン311(岩手県陸前高田市)が、
神戸事務所に、視察研修に来てくださいました。
災害後の地域コミュニティとの関係の変遷についてをテーマに、
理事の田中と、代表理事の宮定と、お話しさせていただきました。

若い方々と、これからも交流していきたいです。

s-桜ライン311

【参考】まち・コミへの防災・復興まちづくりの視察研修受入について
http://park15.wakwak.com/~m-comi/project/12/
代表理事の宮定が、台湾国立暨南国際大學での国際シンポジウム(921地震20週年「跨越.共和」國際研討會)に出席
s-s-IMG_20190920_182129_20190925171123122.jpg

s-s-IMG_20190924_160703_201909251711087f5.jpg

代表理事の宮定が、
台湾国立暨南国際大學での国際シンポジウム(921地震20週年「跨越.共和」國際研討會)に、
被災地市民交流会・兵庫県立大学(宮定は、客員研究員)に
参加させていただき、国際シンポジウムや希望の灯り分灯ミサに参加しています。
その様子は、
①読売テレビ(関西地方)は、25日15:50~
②NHKは、既に放送されインターネットで視聴できます。

【参考】台湾被災地に神戸から希望の灯り(NHK2019年9月22日)
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190922/2000020312.html

s-s-P_20190920_162556_vHDR_Auto_201909251711061de.jpg


当団体理事の田中保三のインタビュー記事が毎日新聞掲載。『町に人戻る再興へ~阪神・淡路大震災25年語るつなぐ~』
s-毎日新聞田中社長 - コピー


『町に人戻る再興へ~阪神・淡路大震災25年語るつなぐ~』
当団体理事の田中保三が、
毎日新聞(2019 年9 月17日)に掲載されました。
兵庫県立大学の夏期特別講義の皆さんが、まち・コミ神戸事務所に、研修に来てくださいました。
s-IMG_4972 - コピー

s-IMG_5008.jpg

兵庫県立大学の夏期特別講義の皆さんが
神戸事務所に、研修に来てくださいました。
長田区御蔵通で講義の後、新長田界隈のフィールドワーク
そして、ふたば学舎でワークショップを行いました。

【参考】まち・コミへの防災・復興まちづくりの視察研修受入について
http://park15.wakwak.com/~m-comi/project/12/

s-DSCN0664.jpg


当団体の代表理事の宮定が、復旧・復興期における住民組織の活動持続性をテーマに、熊本で地域づくりに取り組む地域住民、学識経験者、学生とともに訪問をコーディネート
s-69993114_2544643888926740_5804306318068023296_n.jpg

s-70127270_2544643765593419_1690195696856072192_n.jpg

当団体の代表理事の宮定が、
熊本で地域づくりに取り組む地域住民、学識経験者、学生とともに訪問をコーディネートしています。
みやぎ連携復興センターを、させていただき、
『住民組織の地域づくり』について、講義を頂き、その後意見交換をした。お休みのところ、お時間を頂き、本当にありがとうございました。感謝申し上げます。
今から、宮城県の沿岸部を北上します。
アジア5ヶ国(中国、韓国、台湾 インドネシア、フィジー)の若者が、まち・コミの復興コミュニティデザインの研修へ
s-鉄人28号前集合写真2

アジア5ヶ国(中国、韓国、台湾 インドネシア、フィジー)から、
まち・コミ神戸長田事務所で研修を受入しました。

テーマは、「被災から立ち上がる人々の力=レジリエンス」を考えることで、
講義とフィールドワークを目行いました。

遠くから、来てくださりありがとうございます。

【参考】
まち・コミへの防災・復興まちづくりの視察研修受入について
http://park15.wakwak.com/~m-comi/project/12/

s-IMG_4919.jpg

東日本大震災から学ぶ、これからの災害への備え ~阪神・淡路大震災から25年 防災と復興を学ぶ会~
s-IMG_4959_20190912095958e94.jpg

s-被災者生活再建カード(永野海)_imgs-0001

『東日本大震災から学ぶ、これからの災害への備え ~阪神・淡路大震災から25年 防災と復興を学ぶ会~』を行うことができました。沢山のご参加ありがとうございました。災害への備えを一緒にしていきましょう。

 東日本大震災で被災された講師から、津波からの避難、被災者や地域の再建の難しさを学びました。
 支援制度の種類の紹介(熱血弁護士永野先生の生活再建カード)と、それでもカバーしきれない一部損壊の被災者の支援の難しさ等を、先日訪問した、大阪府北部地震、台風21号の聞き取りから、事例を紹介しました。

 昨日、内閣府から、豪雨にあった佐賀の地元自治体へ、生活再建支援金が、油被害の出た被災者へ、運用すると通知されました。

ひょうごボランタリー基金助成事業

【出典】
・被災者生活再建カード - 弁護士永野海 法律と防災のページ
http://naganokai.com/card/

・<佐賀豪雨>油被害住宅に特例支援金 最大300万円、大町町に通知(佐賀新聞2019年9月12日)
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/426095

★★ 9月11日 防災勉強会のお知らせ ★★ 東日本大震災から学ぶ、これからの災害への備え ~阪神・淡路大震災から25年 防災と復興を学ぶ会~
s-69740775_2524201317637664_2279901050263568384_n.jpg

★★ 9月11日 防災勉強会のお知らせ ★★
 東日本大震災で、津波で一晩、海の中を彷徨うという大変な被災経験をした方が、仙台から神戸へ来てくださるので、せっかくなので皆でお話しを伺ってみようと思います。
 ご興味のありそうな、お知り合い等にも勧めて頂けると幸いです。

★★【予約制】★★
参加希望の方は、お手数ですが、
▼下記フォームで申し込み登録をお願いします。
http://ur0.work/aJZW

以下、案内文です。

★9月11日★ 東日本大震災から学ぶ、これからの災害への備え ~阪神・淡路大震災から25年 防災と復興を学ぶ会~

 東日本大震災から8年と半年が過ぎました。9月1日は防災の日でもあります。
 津波に合い、流された家の屋根に必死に上がったが流されてしまい一日海の上を彷徨って生還した講師から、防災の備えとその後の復旧活動について学びます。

 来年で阪神・淡路大震災から25年。東日本大震災等を経、防災の制度は進歩しています。その制度を学び、最近の災害(熊本地震、大阪北部地震、台風21号等)を元に、現在に役立つ知識を身につけたいと思います。

【日時】2019年9月11日 18:30~20:30
【場所】ふたば学舎 ●号室 〒653-0042 兵庫県神戸市長田区二葉町7丁目1番18号
【参加費】1,000円 (大学生500円、高校生無料)
【★申し込みフォーム★(※要申し込み)】http://ur0.work/aJZW
【講師】
阿部晃成氏(東北大学 課外・ボランティア活動支援センター、慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程)
【話題提供】
山住勝利氏(ふたば学舎、震災学習、NPO法人ふたば)
宮定章(神戸学院大学災害復興研究論担当非常勤講師、認定NPO法人 まち・コミュニケーション)

【主催】認定NPO法人まち・コミュニケーション
【共催】ふたば学舎

【申し込み(事務局)】
認定NPO法人まち・コミュニケーション
m-comi@bj.wakwak.com 078-578-1100

(※11日当日は、申込者へ別途連絡先を伝えます。)

【講師参考資料】
<東日本大震災8年>望郷の心 再びつなぐ 石巻・雄勝町の30歳院生(東京新聞2019年3月11日)
https://www.tokyo-np.co.jp/…/list/2…/CK2019031102000243.html

勉強会のホームページ
https://www.facebook.com/events/227011401567774/

ひょうごボランタリープラザ中間支援活動助成

プロフィール

まち・コミュニケーション

Author:まち・コミュニケーション
まち・コミュニケーション
【連絡先】
電話:078-578-1100
メール:m-comi☆bj.wakwak.com(☆は@に変更下さい。)

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

   ┣ 御蔵学校 (47)

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RSSフィード