最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まち・コミブログ
阪神・淡路大震災まち支援グループ まち・コミュニケーションの活動日誌 ※写真は、震災やまちづくり学習研修受入をしている様子です。
「被災後の地域復興における市民参加」 日米草の根交流プログラム(ガルベストン、ニューオリンズ)
s-15219996_10209625981998684_2156883182917961607_n.jpg

s-15181249_10209637684811247_2528371008826215976_n.jpg

「被災後の地域復興における市民参加」
日米草の根交流プログラム(ガルベストン、ニューオリンズ)にて、
本当にたくさんの皆さんにお会いでき、
いろいろ学び、刺激を頂きました。。

本当にありがとうございました。
Thank you very much!

East west center(ハワイ)
日米交流センター
ガルベストンの皆さま
ニューオリンズの皆さま
同時通訳をしてくださった皆さま
宮古市の皆さま
神戸市の皆さま

住民と専門家が共に学ぶ 荒浜アカデミア (仙台市若林区)
ドイツ、アメリカ、オーストラリア、カナダ、
そして、日本全国から、参加されています。
荒浜は、すごい。。。

s-DSC_0153.jpg

s-DSCN1833.jpg

s-DSCN1844.jpg

s-DSC_0157.jpg

s-DSC_0059.jpg

s-DSC_0063.jpg

s-DSC_0066.jpg

名古屋中区 長者町界隈のまちづくり
まちの縁側育み隊の延藤安弘先生に、長者町界隈のまちづくりについてご指導していただきました。

s-DSC_0058.jpg

s-DSC_0065.jpg

s-DSC_0061.jpg

s-DSC_0077.jpg

s-DSC_0091_20150316230021c4d.jpg

【参考】
自分のまちの「資源」を見つけてみよう
まちの元気は人の元気が作る(COMZINE)
http://www.nttcom.co.jp/comzine/no080/wise/index.html


アチェ と 東北 と 神戸 の方々が交流
s-DSCN1866.jpg
神戸大学都市安全研究センター、
東北大学国際科学研究所、
シャークアラ大学、
トヨタ財団、
の皆さんにお世話になり、

アチェ と 東北沿岸部 と 神戸 の方々が交流の機会を頂きました。

ありがとうございます。

s-DSCN1859.jpg

s-DSCN1872.jpg



土佐の森の現地にて、自伐林業を学ぶ
s-DSCN0945.jpg
 詳細なデータに基づく活動の座学。理事宅。

s-DSCN0931.jpg
 林道づくりの現場。

s-DSCN0903.jpg
 木の駅ひだか。明日は薪割りボランティアが来られるそうです。

s-DSCN0901.jpg
 理事、手作りの測り。

s-DSCN0895.jpg
 木の駅の薪ストーブ。

【参考】
・土佐の森 救援隊
http://mori100s.exblog.jp/

四川大地震復興調査(4日目):旧・新北川縣、吉娜羌寨村
s-CIMG0190_201309221028022e1.jpg
s-CIMG0216.jpg
s-CIMG0188.jpg
s-CIMG0177.jpg
s-CIMG0393_20130922102758c2f.jpg
s-CIMG0408_201309221029330cd.jpg
s-CIMG0407.jpg
s-CIMG0398_20130922102930cce.jpg
s-CIMG0394.jpg
s-CIMG0416.jpg
s-CIMG0461.jpg
s-CIMG0460.jpg
s-CIMG0459.jpg
s-CIMG0437.jpg
s-CIMG0462_201309221030001eb.jpg
s-CIMG0494.jpg
s-CIMG0522.jpg
s-CIMG0524.jpg
s-CIMG0514_20130922103036429.jpg
s-CIMG0565_20130922103033e50.jpg


四川大地震復興調査(3日目):映秀鎮・漁子渓村
s-CIMG0074.jpg
s-CIMG0018.jpg
s-CIMG9826 - コピー
s-CIMG9854.jpg
s-CIMG9864_20130921161922578.jpg
s-CIMG0096.jpg
s-CIMG9876.jpg
s-CIMG9869_2013092116192450b.jpg
s-CIMG9855.jpg
s-CIMG9879.jpg
s-CIMG9933.jpg
s-CIMG9942.jpg
s-CIMG9956.jpg
s-CIMG0092.jpg
s-CIMG0097.jpg
s-CIMG0003.jpg

四川大地震復興調査(2日目):都江堰 水泉村
s-CIMG9564.jpg
s-CIMG9570.jpg
s-CIMG9569.jpg
s-CIMG9578_20130922101630d7b.jpg
s-CIMG9588.jpg
s-CIMG9711.jpg
s-CIMG9594.jpg
s-CIMG9595.jpg
s-CIMG9704.jpg
s-CIMG9658.jpg
s-CIMG9676.jpg
s-CIMG9650_201309221019434dc.jpg
s-CIMG9656.jpg
s-CIMG9657.jpg
s-CIMG9685.jpg
s-CIMG9802.jpg
s-CIMG9652.jpg
s-CIMG9723.jpg
s-CIMG9739.jpg

佐用町へ古民家調査
s-CIMG3715.jpg
 地域の活性化に古民家を活かしたいと、佐用町へ調査に行きました。
シアトルの方々と交流
 シアトルとの交流でお世話になった北岡さん、Lizさんと交流会合を持ちました。

 東日本にも一緒に行きましたので、東日本 シアトル 日本と全てに時を超えて繋がる関係にある話を教えていただきました。

 海を超えてまで、人と文化は、繋がるのだなあと、三陸の漁村に居ても、毎日感じています。



山下邸(登録有形文化財)を、見せて頂きました。
s-IMG_5909.jpg
 島根県江津市上津井(かん・づ・い)地区にある古民家、山下邸(登録有形文化財)を、見せて頂きました。
 とても朗らかなご夫婦で、いろいろ勉強させていただきました。
 ありがとうございます。

s-IMG_5927.jpg
 江の川の流れるきれいなところです。
 
 シアトルからの留学生Liz Malyさん、シアトルへ留学される藤井章弘さんも参加してくださいました。

【参考】
古民家の磁力(中国新聞2008年11月25日)
古民家の屋敷満喫(朝日新聞2010年6月23日)
管理された美しい景観(朝日新聞2011年2月16日)
四川大地震の被災地へ
IMG_8478ブログ用
 2008年5月12日に起こった四川大地震(死者69,197人、負傷者374,176人 2008年7月22日中国民生部発表)の地に、6月25日~7月1日まで、行ってきました。
 2010年3月の訪問以来2度目になります。
 塩崎研究室の皆様には機会を作っていただき、住宅再建の調査に行ってきました。
 永安鎮向陽村という村に行き、地域の図面や部屋の間取り、ヒアリングを行いました。
 地震から、2年が過ぎています。現在住宅再建の真っ最中です。

新北川住宅連結ブログ用

IMG_8585ブログ用
 上の写真は、村ごと、土砂に埋まってしまった北川県の被災者のための、新しい新北川県にできた復興住宅です。

 機会を与えていただき、ありがとうございました。

視察先地図


アフリカは、ジンバブエからジャナグルコンサート(in元町)
3752_001ブログ用

 アフリカはジンバブエから毎年すごいパワーで来られる音楽チームジャナグルのコンサートが、6月5日18:00~(17:30開場)に、神戸元町のポケット美術函モトコー(プラネットアース)で行われます。

 ご興味のございます方は、是非!

 チームのコーディネーター高橋朋子さんは、帰国時は、御蔵にも必ず来てくれる、ジンバブエ在住24年の、すてきなまちづくり人です。
シアトルとの交流から古民家移築本日(110519)まで
2003年9月27日~10月5日:シアトルNPO視察交流にて、御蔵地区の古民家移築集会所プレゼン(宮定章)

2003年:西村祐子氏(駒澤大学教授)、○○氏(Seattle city neighborhood課)古民家御蔵地区集会所建築現場視察

2003年:西村祐子氏・DAVE氏御蔵地区古民家集会所建築現場視察

2005年3月20日:西村祐子氏御蔵学校視察
→シアトルへ古民家移築を提案(宮西悠司氏)
その後、西村先生がシアトルのカウンターパートナーの森口富雄氏(日系移民2世)にメール

2007年5月21日:森口富雄さんが御蔵の古民家を視察と新神戸で打ち合わせ

2007年12月12日:シアトル古民家移築打ち合わせandインドバイオトイレ相談(駒澤大学西村祐子先生)

2008年2月29日:宇和島の建築家へ古民家移築依頼の会(in宇和島)メンバー:田中・宮定・神大渡邉・リズ(後で藤川)
※森口富雄さんは、UWAJIMAYAと言うアジア食品のスーパーをされており、父は宇和島で修行

2008年4月10日、11日:森口富雄氏が、宇和島の古民家視察(四国電力森隆、藤川幸宏、田中保三、宮定章)
2008年7月16日:宇和島の古民家視察(宮西悠司・武田則明・田中保三・宮定章)


2009年3月30日:森口富雄さんが御蔵の古民家(ミニディ食事会)を視察
2009年7月18日:森口富雄さんが台湾の古民家建築現場を視察

2011年2月2日、3日:シアトル日系移民と関係者の集いで御蔵・台湾での古民家移築交流提案(宮定章)

2011年3月1日:シアトル(Japanese Garden の委託NPO)から移築に関して質問状(Lisa Chen)

2011年3月6日:シアトルの具体的古移築(島根県江津市)の提案(山下陽生氏、西村祐子氏、田中保三氏)

2011年3月18日:玉井孝幸教授の学生の集いに参加し、島根県江津市の古民家のお話をさせていただく。(藤川幸宏、田中保三、宮定章)

2011年4月17日:シアトルから東日本大震災支援の件で、北岡孝統氏来御蔵(Liz、田中保三、宮定章)

2011年4月25日:藤井章弘君と出会う

2011年5月12日:Liz氏、シアトルワシントン大学の学生が東日本大震災の現場で、支援交流をイメージし始める。

2011年5月19日:島根県江津市松川町畑田598の古民家(山下家)視察
四川大地震から2年
四川大地震から2年になります。

犠牲者の方のご冥福と、復興を願います。

まち・コミでは、神戸の復興まちづくりを、これからも追っていきます。

NHKの19:00のニュースで、「大地震2年過ぎて残るつめ跡 中国四川省」が放映されるようです。

2010年3月15日四川大地震の地へ行ったときの記録
四川大地震の地へ
 2008年5月12日に起こった四川大地震(死者69,197人、負傷者374,176人 2008年7月22日中国民生部発表)の地に行ってきました。人と防災未来センターの方々や、CODEの吉椿雅道さんにお世話になりました。ありがとうございます。

 四川大地震から、1年9ヶ月になります。

IMG_5078ブログ用
↑町ごと移転するところも北川老県城、漢旺鎮と2カ所訪問しました。写真は、北川老県城。病院では、107人の患者のうち104人が犠牲に。地震から、4ヶ月後の2008年9月24日に水害に合い、土石流が町に流れ込む。手前2階建てに見える建物は、実は5階建てで、土石流で埋まってしまいました。

映秀鎮丘の上から見る市街鎮様子連結写真ブログ用
↑町ごと再建する震源に近い映秀鎮。家の屋根が見えています。死者、行方不明者は全人口1万人の約8割の少なくとも7,700人。

映秀中学校ブログ用
↑映秀中学校。43人の生徒が犠牲に。

 一人しかいない子供を亡くし、悲しむ人。
 山間部の被害も多く、中学を卒業し、家族と離れ、出稼ぎ等で、働いて建てた、家が一瞬にして、崩壊した人。
 再建に向けて、地震前から地域の課題も含めて、まちづくりに取り組む人。

 大きな悲しみと、再建へのパワー、様々な人を感じる四川でした。

 犠牲者のご冥福をお祈りします。

訪問先の連結写真

視察行程表

対口支援の対応表


岐阜の桑原コミュニティーセンターへ写真の貸し出し
1ブログ用
 岐阜の桑原コミュニティーセンターで行われた町民文化祭の中の、防災展示へ、震災学習等で使用している写真の貸し出しを行いました。

 「写真のキャプションもついているので、わかりやすいです。」とおっしゃってくれています。

 その様子の写真が送られてきました。

【参考】
 桑原コミュニティーセンターでは、田中保三(顧問)が講演もしました。

まち・コミそば飯隊!
IMGP1534.jpg IMG_2678.jpg

そば飯隊の活動記録

 そば飯隊の経緯は、そば飯発祥の地と言われる阪神・淡路大震災の被災地で、被災された方の中には、お店を再建できず腕が振るえなかった方もいました。一時でもそば飯をしようと始めました。
 その後、東京から震災ボランティアに来られた東京大久保のまちづくり団体や商店街の方が、東京で食べたそば飯が神戸で食べたそば飯と似て非なるものだったので、「神戸の本物のそば飯をここにつれてこよう」と大久保祭りで、実現しました。
 その後いろいろな場を与えられ行動しています。ご婦人のパワーに次々と応援が来て、成り立っています。

2001/8/10~12 光の祭典(in神戸)
2001/10/8 大久保祭り(in東京都新宿区大久保)(※報告月刊まち・コミ2001年11月号
2002/8/31 古民家解体パーティー(in兵庫県香住町)
2006/9/23 早稲田大学地球祭(in早稲田大学)
2006/10/9 大久保祭り(in東京都新宿区大久保)
2007/3/25 出石市民農園施設完成イベント(in兵庫県出石町)
2007/7/7 出石市民農園収穫祭(in兵庫県出石町)
等々

【参考】
震災時は支援ありがとう 「長田の味」で住民同士交流 早稲田大学でそば飯実演販売(神戸新聞2006年9月29日)

長田名物そば飯で、地域間交流を!
23日佐用町へ2回目の泥かきに行ってきました。
23日佐用町へ2回目の泥かきに行ってきました。

1回目の様子が新聞に掲載されました。

台風9号:困った時はお互い様 佐用で泥かき、神戸・長田から支援隊(毎日新聞)
佐用町の水害の泥かき
4ブログ用 1ブログ用
2ブログ用
 震災以降交流している佐用町の人々の長谷地区が水害にあり、泥かきに行きました。

 現場を見、話を聞くとほんとうに恐ろしいです。これから、復興に向けてもいろいろあると思いますが、2003年には餅を段ボール2箱持って、一緒に台湾まで行って被災地交流をした佐用町の方々なら乗り切って復興することを願っています。
 
台風9号:困った時はお互い様 佐用で泥かき、神戸・長田から支援隊 /兵庫(毎日新聞)

さいたま市市民活動サポートセンターの閲覧ファイルに月刊まち・コミ
閲覧コーナーまちコミファイルs

さいたま市市民活動サポートセンターの佐藤美姿様から、センターの閲覧ファイルに月刊まち・コミを入れてくださったメールが届きました。

いつも応援ありがとうございます!

皆にも触れるような事実の発信できるようがんばります。
大久保でもそば飯交流
20061010165541.jpg20061010165552.jpg20061010165600.jpg

大久保と早稲田のそば飯交流を無事終えることができました。帰宅後の地域の方々も活き活きされています。

 お忙しい中、駆けつけてくださいました皆様本当にありがとうざいました。

 今年度が好評?で・・・
 来年度は、錦糸町河内音頭盆踊り、早稲田地球感謝祭、大久保祭りと3箇所行くぞーとご婦人方も活き活きしていました。

 また是非お会いできますのを楽しみにしております。

プロフィール

まち・コミュニケーション

Author:まち・コミュニケーション
まち・コミュニケーション
【連絡先】
電話:078-578-1100
メール:m-comi☆bj.wakwak.com(☆は@に変更下さい。)

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

   ┣ 御蔵学校 (46)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード