fc2ブログ
最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まち・コミブログ
阪神・淡路大震災まち支援グループ まち・コミュニケーションの活動日誌 ※写真は、震災やまちづくり学習研修受入をしている様子です。
被災者の小さな声を聞き、支援者につなげてきた 「つなぎ手」をラジオで発信!
IMG_1461.jpg

MBSラジオの『ネットワーク1.17』で、
つなぎ手のことを、7月16日(日)の早朝にお話しさせていただきました。

第1396回「被災地支援で活躍する"つなぎ手"」
NPO法人まち・コミュニケーション代表 宮定章さん

youtubeで視聴できるようです▼
https://youtu.be/BaOu8H168fg
お時間、ご興味ございます方は、聴いていただけますと嬉しいです。

放送内容の書き起こし
https://www.mbs1179.com/117/transcription/archives/20230716.shtml

冊子「被災地で活躍する『つなぎ手』活動事例集~被災者の小さな声を聞き、支援者につなげてきた人たち~」特設ページ
無料でPDF版が読めます▼
http://park15.wakwak.com/~m-comi/project/02/tsunagite.htm

【参考】
ネットワーク1.17 MBSラジオ https://www.mbs1179.com/117/
「被災者に向けた、被災者のための、被災者の支えとなる番組」
こんなコンセプトで、阪神・淡路大震災から3か月がたった1995年4月15日にスタート。被災者に寄り添い、復興の課題や現実を見つめてきました。「震災の記憶を語り継ぎ、次なる世代への備えを呼びかける」。今ではこれが番組の2本の柱です。(番組ホームページより)
当団体の熊本での活動が、 今朝の神戸新聞に掲載されました。 熊本地震6年 コロナ禍、被災者の孤立危惧「日頃から近所付き合いを」 支援続ける神戸のNPO(神戸新聞2022/4/16)
s-2022-04-16 (1)

当団体の熊本での活動が、
今朝の神戸新聞に掲載されました。

熊本地震6年 コロナ禍、被災者の孤立危惧「日頃から近所付き合いを」 支援続ける神戸のNPO(神戸新聞2022/4/16)
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202204/0015223581.shtml
★幣団体代表理事の宮定が出演した防災に関するラジオ放送が、インターネットで聞くことができます。★『新しいことを受け入れる心が、防災力を高める!~阪神・淡路大震災26年をむかえて~』宮定章(認定NPO法人まち・コミュニケーション代表理事)
スクリーンショット (15) - コピー


★ラジオ講演出演のお知らせ★
幣団体代表理事の宮定が出演した
ラジオ放送が、インターネットで聞くことができます。


『新しいことを受け入れる心が、防災力を高める!~阪神・淡路大震災26年をむかえて~』(★注意、音が出ます。)
https://www.hyogo-ikigai.or.jp/ikigai/database/files/Pdfupload/1309/pdf1/P601160700.mp3

ひょうごラジオカレッジについて|公益財団法人 兵庫県
https://www.hyogo-ikigai.or.jp/ikigai/radio/library.html
2016年度の新聞掲載・ラジオ出演・執筆等
【資料】
●新聞掲載記事
1.阪神大震災21年 愛する笑顔、再び 犠牲者の写真展、17日初開催 神戸・長田、御菅地区(毎日新聞2016年1月7日)
2.復興過程の教訓伝えることが大切 元記者が講演(神戸新聞2016年1月18日)
3.続く人口流出被災地の苦悩東日本大震災5年被災者アンケート「地域の復興進まず」54%(神戸新聞2016年2月12日)
4.もう終わったと思われたくない 長田で勉強会参加 原発事故5年 現状語る 福島・富岡町から東京へ避難 NPO理事長市村さん(神戸新聞2016年2月22日)
5.一人一人の声を聴いて <東日本大震災5年> 支え人 まち・コミュニケーション代表理事 宮定章さん(神戸新聞2016年3月2日)
6.二つの被災地、つぶやき発信 神戸のNPOがサイト(神戸新聞2016年3月16日)
7.被災校舎の行方 石巻市震災遺構を考える 阪神大震災 震災風化させぬ「壁」 心の傷癒えずに(河北新報2016年3月21日)
8.阪神・淡路から熊本へ 提言 支援に必要な「信頼関係」 宮定章さん(神戸新聞2016年5月21日)
9.震災教訓発信続け20年 復興まちづくり支援NPO「まち・コミ」(神戸新聞2016年5月29日)
10.台風被害の支援 豊岡で長田区の団体  タマネギ収穫(毎日新聞2016年6月12日)
11.熊本被災地の現状と復興は 長田の「御蔵学校」で講座 研究者と住民 意見交換(神戸新聞2016年6月20日)
12.熊本 雨追い打ち 地震被害の家、道路に土砂 避難生活逆戻り「先見えぬ」(神戸新聞2016年7月18日)

●ラジオ出演
1.ラジオ関西:東日本大震災について、熊本地震について、被災地のつぶやきについて

●執筆
1.神戸市長田区の御蔵地区を訪問しました。(神戸大学キャンパスアジアプログラム2016年3月)
2.被災者に寄り添った生活再建支援を 20年間被災地を見てきた経験から~熊本地震活動報告~(地方自治職員研修2016.8)
3.東南海地震へ向けて熊本地震から学ぶ
~建物・宅地被害を乗り越えるために被災者に寄り添った建築家の支援~
(大阪府建築士会 建築人 2016年 8月号)
4.連載 震災復興の転換点 阪神・淡路大震災、東日本大震災の生活再建と復興事業に接して感じたこと(建築雑誌JABS2016.11)
5.防災の観点から見た里山・里地・里海 : 持続的な地域の復興へ向けて (特集 里山・里地・里海の多面的機能の総合評価と豊かな海と地域づくりに向けた取り組み : 魅力ある海づくりと恒久的相互関係を築くために)(日本海水学会誌2016.8)

THE DAILY YOMIURIに掲載されました。
IMG_8463ブログ用
 THE DAILY YOMIURI(読売新聞の英語版)に、古民家移築の記事が掲載されました。

Novelist honored with opening of Japanese house in Tiwan(2010年1月20日THE DAILY YOMIURI)

【参考】
台日交流古民家移築事業について

台日交流古民家移築事業の参考資料
カテゴリ-新聞記事

プロフィール

まち・コミュニケーション

Author:まち・コミュニケーション
まち・コミュニケーション
【連絡先】
電話:078-578-1100
メール:m-comi☆bj.wakwak.com(☆は@に変更下さい。)

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

   ┣ 御蔵学校 (51)

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

RSSフィード