最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まち・コミブログ
阪神・淡路大震災まち支援グループ まち・コミュニケーションの活動日誌 ※写真は、震災やまちづくり学習研修受入をしている様子です。
ネパールの大学院生(災害危機管理)へ講演
s-15219996_10209625981998684_2156883182917961607_n.jpg

ネパールの震災復興に貢献するべく大学院で
災害危機管理を学ぶ学生達が、
外務省の招へい事業で東京(内閣府、東京大学等)へ来られ、
代表理事の宮定が、『阪神・淡路大震災の復興まちづくり』について
講演させていただきました。



水害からの復興を感じる まち歩き ( 豊岡市出石町鳥居地区 )
s-DSC_0738.jpg

付け替えられた橋や地域で活躍されるNPO等を
コースに地域を、大学生や社会人と歩きながら、
被災のや水害時の水位の様子や、
その後の復旧活動
農園を通じた出会い等について
お話をさせていただきました。

鳥居に拠点を置く暮らしの楽校の視察に来られていた
東北の仙台市若林区の社長さんにも出会いました。

s-DSC_0709.jpg

s-DSC_0715.jpg

s-DSC_0728 - コピー

s-DSC_0726.jpg

s-DSC_0729.jpg

s-DSC_0730.jpg

s-DSC_0735.jpg

【参考】
出石市民農園再建事業について
http://park15.wakwak.com/~m-comi/project/20/index.htm
※2004年の台風23号水害以降、農園の再建と地域再発見に向けて取り組んでいます。

アチェ インドネシアから、 大学先生・学生が長田区を視察(兵庫県神戸市)
10922641_823317094381857_7454072337265013938_n.jpg

小論文を書いて選抜された方々で、
「復興におけるコミュニティーの役割」等
熱心に勉強されていきました。

10924786_823317101048523_3077824570489062281_n.jpg

10462522_823317097715190_5472707658248252713_n.jpg

1610866_823317091048524_4721710574697313499_n.jpg


【参考】
まち・コミ視察受入について
http://park15.wakwak.com/~m-comi/project/12/

気仙沼から、神戸へ
宮城県・気仙沼から、気仙沼さかなの駅のみなさんが、
はるばる神戸まで研修に来られました。
神戸の経験を、ぜひ気仙沼で生かしていただきたいです。

IMG_2268s.jpg

【参考】
まち・コミ視察受入について
http://park15.wakwak.com/~m-comi/project/12/


徳島大学からの視察者受入 (石巻市離半島部)
s-CIMG9603_20150222190021672.jpg

徳島大学から教授と助教の先生が、
事前復興に向けての視察に来られ、
地域の方々と一緒に、
生活状況を聴きながら、
半島の浜浜を回っています。

s-CIMG9580.jpg

s-CIMG9581.jpg



兵庫県豊岡市 市会議員 視察案内 (宮城県石巻市)
s-CIMG9441.jpg

兵庫県豊岡市議(元出石町長や城崎町長)さんが、
石巻市・女川町・雄勝町を
防災・復興まちづくり・合併について
視察案内しています。

お世話になった皆様
ありがとうございます。


s-CIMG9451.jpg

s-CIMG9465_201410022034394d6.jpg

s-CIMG9473.jpg


【参考】
まち・コミ視察受入について
http://park15.wakwak.com/~m-comi/project/12/


始めて訪問した東京の大学ゼミ と 仮設住宅住民 の 調査・交流 (宮城県石巻市)
s-CIMG7663.jpg

被災した方は、震災当時から今までの様子。
始めて来た学生は、実際を聴いていました。
学生は、地元の人からの要望で、
「20113月11日15:00に何をしていたか」
を聴きました。
高校に居て、帰宅難民になった学生も多くおり、
被災した沿岸部の住民も、
東京で被災した学生の親のことを考えると、
心配されていました。
被災した住民曰く
「やっと、よその人の事も考えられるようになったなあ。」と、。


s-IMG_2521 - コピー

おばあちゃん 若さのパワーを頂く・・(宮城県石巻市)

東京の男子学生と交流した
仮設住宅のおばあちゃん
お別れの時が近づいて・・・・
抱きついちゃってます・・・(汗)。

【参考】
まちづくり視察・研修受入について



山田町カルタが届きました!
昨年7月、研修受入をさせていただいた
岩手県の「山田町子どもまちづくりクラブ」(公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン)さんより
郷土カルタ「山田町カルタ」が届きました。

IMG_2105s.jpg

研修で、「御菅カルタ」のご紹介をさせていただいたのですが
その後、検討・制作を進め、今年6月に完成したそうです。

1札ずつ見ていると、
制作者さんたちの思いが伝わってきて、山田町を近くに感じます。
解説もあって親切ですね。

「山田町カルタ」に関しまして
詳しくは、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンさんのホームページをご覧ください。
 ↓
http://www.savechildren.or.jp/scjcms/sc_activity.php?d=1546

また、御菅カルタにつきましては、こちらをご覧いただくか
まち・コミュニケーションまでお問い合せ下さい。
 ↓
http://machi-comi.wjg.jp/m-comi/project/16/misugakaruta.pdf

徳島県海部郡美波町職員視察受入
CIMG4280s.jpg
s-CIMG4278 - コピー
s-CIMG4283 - コピー

神戸大学の留学生を復興まちづくり学習受入
s-DSCF6865.jpg
 神戸大学キャンパスアジアプログラムとして
 交換留学生の皆さんが来て下さいました。

 政策立案に関わる方々だと思われるので、
 これまでの経緯を通じて、“復興”とは何かを考える機会になればと思いました。

 国も違う方々に通じたかなあ。。。

 遠くウガンダの学生も来て下さいました。

s-DSCF6868.jpg


【参考】
まちづくり視察・研修受入について



司法修習生の復興まちづくり研修(宮城県石巻市)
s-CIMG0256.jpg
 これからの意気込みを表すかのように、
 真剣に耳を傾け、メモをとたれていました。
 スーツ姿で、頼もしく見えました。

 若い方々へはどうしても期待してしまいます。

【参考】
まちづくり視察・研修受入について

気仙沼の小中学生達が神戸事務所へ来てくれました。
s-CIMG8191.jpg
s-CIMG8188.jpg
s-CIMG8199.jpg
s-CIMG8193.jpg
s-CIMG8203.jpg


【参考】
まちづくり視察・研修受入について


社会教育主事講習実地演習 受入
神戸大学で行われている
社会教育主事講習の実地参観演習で
受講者の3名の方が、まち・コミにお越しくださいました。

まち・コミの活動や
活動の中での学び
ボランティアコーディネートのポイントなどを
お話しさせていただきました。

【参考】
まちづくり視察・研修受入について
関西大学大学院のフィールドワーク
IMG_1569s.jpg

関西大学大学院の方々が
「阪神・淡路大震災から18年目の被災地をめぐるフィールドワーク」と題し
視察研修に来られました。

震災後の住宅再建に興味がある方が多いようでした。

大学院生に混じって、
卒論で阪神・淡路大震災をテーマにしたいという学部生も、
参加されていました。

【参考】
まちづくり視察・研修受入について
岩手県の百貨店より視察
IMG_1567s.jpg

岩手県盛岡市にある百貨店さんが
視察に来られました。

住宅の復興や震災後にできた公園
御蔵を拠点に活動した多くのボランティアグループに
興味を持たれていました。

【参考】
まちづくり視察・研修受入について


東松島・山元町支援員の視察研修
宮城大学地域連携センターより派遣されている
宮城県の東松島と山元町の支援員の方々に
阪神・淡路大震災の復興まちづくりを知っていただくための
研修を行いました。

DSCF6639s.jpg

読売新聞新人記者さん研修
DSCF6623s.jpg

読売新聞の新人記者さん達が
阪神・淡路大震災について知りたいと、研修に来られました。

当時はまだ子どもだったとはいえ
関西で取材をする記者さんとして、
阪神・淡路について知っておくことは
大切なことだそうです。

【参考】
まちづくり視察・研修受入について
イギリスポーツマス大学學生が来事務所
 東日本の事例から、市民参加について、研究されています。

【参考】
まちづくり視察・研修受入について


2013年度のまちづくり視察・研修受入(更新中※2013年5月31日現在))
神戸市長田区だけでなく、東日本の復興まちづくりの現場にも学びに来てくださっています。

【短期受入】
●東日本
1月24日 復興まちづくりの状況調査(塩崎賢明教授 立命館大学政策科学部、みやぎ連携復興センター)
1月26日 復興まちづくり(マスコミ)
1月30日 復興まちづくり(マスコミ)
2月1日 漁村とまちづくり(小松正之教授 政策研究大学院大学)
2月3日 避難状況と復興まちづくり(北後明彦教授 神戸大学 都市安全研究センター)
2月26日 祭りと復興(専修大学大学院 社会関係資本研究センタ-)
2月27日 仮設住宅調査(立命館大学政策科学部研究チーム)
3月17日~19日 災害とボランティア(長崎大学大学院 薬学部)
4月4日 復興まちづくり(慶應義塾大学)
4月14日 復興まちづくりと司法過疎(飯考行准教授 弘前大学人文学部)
4月26日 復興まちづくり(宮城県県会議員)
4月27日 ボランティア(名古屋市有志)
4月30日~5月2日 住宅再建と集いの場(神戸まちづくり関係者)
4月30日~5月4日 地域コミュニティーとまちづくり(埼玉県越谷市ボランティア有志)
5月19日 復興まちづくり(岡田知弘教授 京都大学大学院経済学研究科)
6月2日 復興状況(中小企業診断士有志)


●神戸市長田区
1月11日 復興まちづくり(福島県富岡町有志)
1月13日 復興まちづくり(こうべあいウォーク)
1月20日 区画整理と復興まちづくり(宮城県気仙沼市鹿折地区有志)
2月14日 「復興」から学ぶ21世紀の防災と環境(京都大学国際交流科目)
3月2日 震災学習受入についての調査(広島大学総合科学研究科 フンク・カロリン先生)
3月15日 災害からの復興(パレスチナ・JICA)
3月15日 地域と復興まちづくり(小松正之教授 政策研究大学院大学)
3月15日 復興まちづくり(神戸大学 ボランティア連携室)
3月26日 復興まちづくり(宮城県曹洞宗青年会) ※会報に報告してくださいました!
3月27日 住宅再建と復興まちづくり(岩手県釜石市福祉・産業関係者)
5月27日 まちづくりの始め方(陸前高田まちづくり協議会)

【参考】
まちづくり視察・研修受入について


釜石市からまちづくり関係者 研修受入
s-CIMG1550.jpg

岩手県釜石から福祉・産業等
まちづくり関係の方々が

“住民と外部者のまちづくり”について

神戸長田まち・コミ事務所へ
視察に来られました。



【参考】
まちづくり視察・研修受入について


宮城県曹洞宗青年会 視察受入
s-CIMG1554.jpg

当時を振り返りながら、
真剣にメモをされていました。

【参考】
まちづくり視察・研修受入について



小松正之先生(政策研究大学院大学教授)が視察
484323_10151278146021841_493179666_n.jpg

漁村集落再興のシンポジウムで知り合った
『海は誰のものか』の著者である
小松正之先生(政策研究大学院大学教授)が、
神戸長田まち・コミ事務所へ
今後の東北復興の指針を模索するため
住まいと産業が関連した下町の復興まちづくりの
視察に来て下さいました。

まさかご本人にお会いできるとは思いませんでしたので、
書籍にサインを頂きました。
その後、漁業の近代史がわかる本を紹介していただきました。

320112_10151281932571841_1636034165_n.jpg


【参考】
まちづくり視察・研修受入について



フンク・カロリン先生(広島大学総合科学研究科)
s-CIMG0393_20130305104857.jpg
 ドイツご出身のフンク・カロリン先生が、震災学習やまちづくり研修のことについて調査に来て下さいました。

【参考】
まちづくり視察・研修受入について

京都大学国際交流科目「「復興」から学ぶ21世紀の防災と環境」研修受入
s-CIMG9945.jpg

京都大学の学生さんで
国際交流科目を受講されている方々が
研修に来られました。

午前中は、人と防災未来センターを訪問され、
午後は、まち・コミに神戸事務所を訪れてくださいました。

後日、ニューヨーク、ニューオリンズを
訪問されるそうで
その前に、神戸のことを学びにこられました。


【参考】
まちづくり視察・研修受入について


気仙沼市鹿折地区まちづくり研修受入
s-DSCF6161.jpg

気仙沼市鹿折地区の皆様が
神戸まち研の皆様と共に
復興区画整理事業におけるまちづくりの視察に
来て下さいました。

気仙沼復興マルシェの方と再会。
10ヶ月ほど前に訪れて購入した
浮きを利用した植木鉢が
名古屋の東急ハンズで購入できるようです。
びっくり。。。

【参考】
まちづくり視察・研修受入について




こうべあいウォーク 2013を炊き出しにて受入
s-CIMG7601.jpg

s-CIMG7566.jpg

s-CIMG7567.jpg

s-CIMG7597.jpg

s-CIMG7594.jpg


【参考】まち・コミとIウォークとの関わり
2000年1月16日:ホットレモン1500杯!
2009年1月10日:豚汁の炊き出し!(準備編)
2009年1月11日:豚汁の炊き出し!
2010年1月10日:Iウォーク(案内)
2010年1月10日:豚汁炊き出し!
2011年1月9日:豚汁炊き出し!



福島県の富岡町より 復興まちづくりの視察研修
福島県の富岡町より、
復興まちづくりの視察研修に来られました。

DSCF6136s.jpg

富岡町は大変きびしい状況ではありますが
神戸の経験から、少しでも前向きなヒントを得ていただけましたら
うれしいと思っています。


【参考】
まちづくり視察・研修受入について
2012年度のまちづくり視察・研修受入(更新中※2013年1月1日現在))
s-CIMG8136_20120515224829.jpg
(↑2012年5月16日の東京都議会議員 防災対策特別委員会 受入の様子)

 今年度からは、神戸市長田区だけでなく、東日本の復興まちづくりの現場にも学びに来てくださっています。

【短期受入】
●東日本
4月29日 東日本(女川町・雄勝町)の復興まちづくり (大津俊雄教授(神戸国際大学)・三谷真准教授(関西大学))
7月25日、26日、27日 東日本(雄勝町)の復興まちづくり (京都大学工学部土木学科OB有志)
7月29日30日 東日本(北上町・河北町・女川町・雄勝町)の復興まちづくり (菅磨志保准教授(関西大学)、山下祐介准教授(首都大学東京)、三上真史(弘前大学大学院生)、張一昭(関西大学大学院生))
8月4日 東日本(河北町・女川町・雄勝町)の復興まちづくり (朝日新聞記者)
8月5日 東日本(河北町・女川町・雄勝町)の復興まちづくり (成田千尋(京都大学大学院)、菅野圭祐氏(早稲田大学大学院 佐藤滋研究室))
8月6日 東日本(雄勝町・女川町)の復興まちづくり (神戸市長田区真野まちづくり有志 と 神戸の中学生)
8月7日 東日本(牡鹿町)の復興まちづくり (成田千尋(京都大学大学院)) ※ご寄付ありがとうございました。
8月8日 ホタテ出荷体験 と 東日本(雄勝町・女川町)の復興まちづくり (関西大学政策創造学部 聖未知矢、東末侑子、中山優)
8月12日 東日本(雄勝町)の復興まちづくり (京都大学大学院 公共政策教育部 公共政策専攻1年 菅原雄太)
9月1日2日 東日本(雄勝町)の復興まちづくり (立命館大学 塩崎賢明教授・石原一彦教授 ゼミ學生)
9月9日 東日本(牡鹿半島・雄勝町・女川町・河北町)の復興まちづくり (専修大学)
9月11日 東日本(雄勝町・女川町・河北町)の復興まちづくり (関西大学社会安全学部)
9月12日 東日本(雄勝町)の復興まちづくり (住民と自治-地方自治の総合月刊誌 編集部) ※ご寄付ありがとうございました。
9月24日 東日本(雄勝町・女川町・河北町)の被害状況と復興まちづくり (元日本銀行神戸支店長(阪神・淡路大震災時))
9月29日 東日本(雄勝半島)の復興まちづくり (東北工業大学 安全安心生活デザイン学科 福留邦洋准教授)
10月27日、28日 東日本(雄勝半島)の復興まちづくり視察、調査相談 (近畿大学建築学科OB 設計士 鶴園龍太郎氏)

11月16日 復興と地域の祭り(専修大学大学院 社会関係資本研究センタ-)
12月8日~12日 東日本大震災の被災地現状視察と復興計画相談(神戸市下水道局局OB・本州四国道路公団OB)
12月16日、17日 東日本の復興まちづくり 合意形成について (日本弁護士連合会 研究会)
12月23日 東日本(牡鹿半島)復興まちづくりの現状(専修大学関係者)


●神戸市長田区御蔵地区
5月1日 17年間継続するまちづくり (岩手県釜石市住民)
5月15日 都市型災害に向けて学ぶこと (東京都議会議員 防災対策特別委員会)
5月18日 世界をつなぐまちづくり (ジンバブエ チーム janaguru)
6月16日 防災まちづくり (福井県坂井市磯部地区区長会)
6月20日 災害弱者を救うためのまちづくり (天王寺区民生委員協議会)
6月20日 限界集落の既存ストックを活かしたまちづくり (佐用町住民 芦屋NPOセンター)
7月4日 復興の取り組み(シアクアラ大学津波防災研究センター インドネシア アチェ)
8月14日 復興まちづくり(関西大学社会安全学部)
10月5日 防災・減災取り組み と 災害公営住宅について(石巻青年会議所)
10月18日 復興まちづくりの今後(流通業幹部 岩手県・宮城県)
11月1日 震災復興共同住宅みくら5について(UR都市再生機構)
11月2日 防災まちづくり(川崎市政策課題研究会)
11月7日、8日 中小企業 ケミカルシューズ復興調査(石巻専修大学)
11月24日 17年目の神戸から東日本に伝えること(産経新聞記者)

【長期受入】

【参考】
まちづくり視察・研修受入について



中小企業 ケミカルシューズ復興調査(石巻専修大学)
s-ケミカルシューズ

【参考】
まちづくり視察・研修受入について



川崎市の政策課題研究会 受入
s-CIMG3645.jpg
 プロジェクトチームの専門家職員の方々が、視察に来られました。


【参考】
まちづくり視察・研修受入について


プロフィール

まち・コミュニケーション

Author:まち・コミュニケーション
まち・コミュニケーション
【連絡先】
電話:078-578-1100
メール:m-comi☆bj.wakwak.com(☆は@に変更下さい。)

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

   ┣ 御蔵学校 (46)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード