最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まち・コミブログ
阪神・淡路大震災まち支援グループ まち・コミュニケーションの活動日誌 ※写真は、震災やまちづくり学習研修受入をしている様子です。
集落調査の打ち合わせ(神戸市長田区)
s-CIMG5296.jpg

新潟の復興に長く携わっておられるF先生に、
東日本被災地での集落の生活再建調査の報告を、
一緒に調査をしている博士課程(社会学)の学生が行い
貴重なアドバイスやご意見を頂きました。

お忙しい中、
ありがとうございます。

追伸
「じょんでえら(十二平)」の記録誌も
読ませて頂いています。

s-CIMG5301.jpg
 その後、8月に行われる新潟講演の打ち合わせをしました。




NPO法人設立記念講演会開催のお知らせ
下記日程で、NPO法人設立記念講演会を開催いたします。
みなさまぜひ、ご参加くださいませ。
(下記内容は更新中です)

【日 時】1月19日(土)14:00~
【場 所】まち・コミュニケーション(神戸市長田区御蔵通5-211-4 みくら5 101)
【講 師】浦野正樹(早稲田大学文学学術院教授、まち・コミ理事) ほか
【テーマ】東日本大震災の現在を考える-過疎地域における復元=回復力とは?-
西宮市震災写真情報館
 西宮市震災写真情報館のホームページでは、当時の被害や復興の様子が、時期、場所、キーワードで、検索できます。
 また見るだけでなく、市民も、投稿することができます。



遠藤勝裕氏(阪神・淡路大震災時の日本銀行神戸支店長)がまち・コミへ来てくださいました。
DSCN2918ブログ用
 いつもお世話になっているまち・コミ顧問の遠藤勝裕氏が、まち・コミの事務所へ、応援講演に来てくださいました。
 日頃の活動から感じていることをお話ししてくださいました。
 現在の職務から、話が始まり、30分後には、日本の歴史や文化の中での立ち位置まで、参加者にもわかりやすく、お話ししてくださりました。

 また、東奥日報の情報誌に“くらし防災手帳”というテーマで2年間遠藤氏が連載された文章を見せてくださいました。 

 いつもありがとうございます。

 遠藤勝裕先生は、農作業歴も○十年と長く、猛暑の中で育てられた、とれたての南京豆と紅あずまというサツマイモを送って下さり、関西では珍しいゆでピーナッツと石焼き芋にさせていただき一緒においしく頂きました。

 秋の雰囲気を出すための、果物とすすきで飾りました。


追伸
人と防災未来センターでは、11月に、日本銀行神戸支店の特別企画展が行われるようです。



遠藤勝裕氏(阪神・淡路大震災時の日本銀行神戸支店長)がまち・コミへ来てくださいました。
IMG_9846ブログ用
 本日は、遠藤勝裕氏(阪神・淡路大震災時の日本銀行神戸支店長でまち・コミ顧問)がまち・コミへ来てくださいました。
 今回は、震災や地域づくりや現在の経済情勢と今後について、お話を頂きました。

IMG_9843ブログ用




遠藤勝裕氏(阪神・淡路大震災時の日本銀行神戸支店長)がまち・コミへ来てくださいました。
IMG_7650ブログ用
 本日は、遠藤勝裕氏(阪神・淡路大震災時の日本銀行神戸支店長でまち・コミ顧問)がまち・コミへ来てくださいました。
 今回は、地域のご婦人や地元鉄工所の方と一緒にお話を聞かせて頂きました。震災15年を向かえ「大災害と街の復興-神戸からの教訓」と題してお話ししてくださいました。

 「“街”とは、(建物等の町並みだけでなく)、家庭、商店、企業などによる経済的、社会的活動とその結果としての社会の仕組み」と、神戸の復興の様子を今でも追ってくださり、ご自身で捉え直し、発信してくださっています。
 震災から10年を越え、15年目をむかえ加速的に風化が進むので、震災体験学習での御蔵の語り部の方の生の声の発信も大事にしてくださいと励ましてくださいました。

 人と防災未来センターで、年に2度行われる災害対策専門研修マネジメントコースの講師で来られました。
 その度にまち・コミ事務所を訪れてくださり、ほんとうにいろいろなお話をしてくださいます。
 いつもありがとうございます。
インドのバイオトイレ勉強会
IMG_8482ブログ用 IMG_8346ブログ用
 2008年2月11日~15日、南インドのコバラム村で、トイレづくりに取り組んだ振り返りの勉強会と今後の予定について話し合いました。
 インドにはトイレがある家庭が半分ほどだそうです。駒澤大学の西村祐子先生を先頭に、衛生的にもよくないので、住民参加と共に勉強しながら、土地に則したトイレをつくることになりました。

 2008年にインドへ参加して頂いたのは、藤川幸宏氏(Fuj工作舎一級建築士)。古民家でも活躍していただいた神戸大学の渡邉俊一郎氏で、同行し、駒澤大学や慶応大学の学生へ、トイレづくりの作業のコツをわかりやすく伝えて頂きました。
 今回は、台日交流古民家移築事業の解体工事に取り組んで、楽しみにしてくれている秋田君(明石高専)等も参加してくださいました。


「インド・タミルナードゥ州カーンチープラム郡コヴァラム村における自立的地域活性化プロジェクト」について(駒澤大学仏教経済研究所)


学生組織JSFの国際協力活動の【バイオトイレプロジェクト】について

プロジェクトJohn David Bockmannさんのプロジェクトの紹介(英語版)

おまけタミル語(南インド)
Hello=ワナカム
Thank you=ナンドリー
GoodMorning=コーリンマラカ

しろうとタミル語講座 (タミル語のページ)

プロフィール

まち・コミュニケーション

Author:まち・コミュニケーション
まち・コミュニケーション
【連絡先】
電話:078-578-1100
メール:m-comi☆bj.wakwak.com(☆は@に変更下さい。)

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

   ┣ 御蔵学校 (46)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード