最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まち・コミブログ
阪神・淡路大震災まち支援グループ まち・コミュニケーションの活動日誌 ※写真は、震災やまちづくり学習研修受入をしている様子です。
室崎益輝先生が、まちづくりに関わる若者を訪問し、調査交流・アドバイス・励ましくださいました。
s-DSC_0224.jpg

s-DSC_0238.jpg

s-DSC_0237.jpg

s-DSC_0250.jpg

【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動

学生有志と生活再建・復興まちづくり調査(1日目)
s-CIMG7729.jpg
関西・関東・東北の学生が集い
調査前の自己紹介中。

【参考】
学生有志と地域を学ぶ合宿
-三陸沿岸の漁村にて-
(季刊まち・コミ 2014年夏号)
http://machi-comi.wjg.jp/m-comi/magazine/pdf/14-07.pdf

s-CIMG7742.jpg
調査前の集落フィールドワーク

s-CIMG7750.jpg
聴き取り調査前の地元の方との自己紹介

s-CIMG7755.jpg
個別聴き取り中。

s-CIMG7752.jpg
生活再建について、個別聴き取り中。

s-CIMG7759.jpg
集落では、石が獲れます。
ビリヤードの台のほとんどは、ここ波板集落の石です。

s-CIMG7761.jpg
現在は、石の特性(堅い)を活かして、あるものを開発中です。

s-CIMG7772.jpg
聴き取り後は、しっかりまとめます。
夜中3:00までかかったグループも・・・。
学生さんのパワーに圧倒されています。

【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動


仮設住宅の生活実態調査(岩手県)
s-CIMG7815.jpg

岩手大学の研究チームと
岩手県北部の沿岸部にて、
震災以降継続してしている
仮設住宅での調査を
共にさせていただきました。

調査後は、研究会に出席。

いろいろ学びがありました。

【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動


畑作業と震災復興経済の勉強
s-CIMG6915.jpg

東日本の復興まちづくりで奮闘する方々と
理事の遠藤勝裕先生(日本銀行神戸支店長(阪神・淡路大震災時))の
畑を訪れ、作業と共に、復興の勉強をさせて頂きました。

s-CIMG6912_201407210631543d0.jpg
草抜き作業

s-CIMG6909.jpg
抜いた草

s-CIMG6892.jpg
畑と植えた野菜の説明 広い!

s-CIMG6906.jpg
落花生の花

s-CIMG6926.jpg
作業終了後、昼食時は、
神戸や東日本の緊急時の金融とまちづくりへの対応の
エピソードを交えて、ご講義下さいました。

ありがとうございます。

作業後の畑には、
仲間と共に、
そばが植わるそうです。

【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動


雄勝ウニ祭り
s-IMG_1979.jpg
ウニは完売しました (石巻市雄勝町)

内陸部で、建物の測量後、
雄勝ウニまつり に、
考えが、甘かった。

午前中は、雄勝町の市街地で、
渋滞を起こしたそうです。

雄勝に向かうときには、
新北上川沿いの道路に、
たくさんの車が走っていました。


s-IMG_1980.jpg

午前中の打ち合わせで、
ウニ祭りに出遅れ、
ショボンとしていると、
浜のお母さんが、
買ったホタテごはんを、
分けて下さった。
(受け取ったとき、ご婦人が、あまちゃんに見えた・・・)

愛情ホタテ弁当を携え、
小屋づくりを頑張っている方と、
同行して下さった建築士さんと、
建物の相談を受けながら、
一緒に、美味しく頂きました。

貴重な、ホタテごはんを、
ありがとうございました。

写真
新鮮ホタテがたっぷり入った
おがつスターズの
ホタテごはん

【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動


震災後、初めて食べた アイスクリーム(宮城県大崎市)
s-CIMG5876.jpg


民間の借家(みなし仮設)に入った
被災者の方のお家を訪問した。

被災後からの生活再建を
いろいろ伺いました。

少し暑かったので、
アイスクリームを
買っていきました。

休憩時に一緒に食べた。
「震災後、初めてアイスを食べた。
震災後、(部屋が狭いこともあり、)
孫や子どもも、宿泊しないの。
そして、今の家(みなし仮設)では、
隣は知らない人(被災もされていない)で、
つきあいが広がらず、
アイスを食べる機会なんて無かった。
ありがとう。」と、
涙目で、アイスを食べられていました。

聴いていると
アイスが冷たく感じ
味わうこともできなかった。

※写真は、イメージです。
相手を見ていると、
写真を撮れませんでした。

【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動




ホヤ の 赤ちゃん (宮城県石巻市)
昨年末に、
ロープを一緒に
垂らしました。

卵がついているか、
ドキドキ・・・!

s-CIMG5829.jpg

s-CIMG5822.jpg

s-CIMG5843.jpg

s-CIMG5845.jpg

s-CIMG5831.jpg


【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動


尾ノ崎古民家再生プロジェクトを訪問
s-P1280700.jpghttp://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=2198#

尾ノ崎古民家再生プロジェクト
https://www.facebook.com/onosakikominka

を、訪問させていただきました。

s-P1280677.jpg
 主宰者の姉上が、いろいろ説明してくださいました。

 明治40年築で、107年を向かえているそうです。

 竣工後、神棚づくりに3年!?も
 気仙大工がかけて神棚をつくったそうです。

s-P1280699.jpg

ボランティアさんが、スレート石にかかれたメッセージ。
神戸のNPOもツアーで来られているそうです。

s-CIMG5549 - コピー (2)

鶴の間 に 鶴
亀の間 に 亀
の模様の細工が、
鴨居についています。

s-P1280685 - コピー


【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動


離半島部の生活再建・地域の歴史・文化の勉強会
s-10492008_599474713499139_5604814494696318358_n.jpg
福祉関係の方々から、学ばせて頂きました。
他分野の学生(法・工・文・社会・建築・福祉等)が集まり刺激を得たようです。

ありがとうございます。

s-CIMG5431.jpg

●(仮)支援活動の中での(雄勝町)住民と関わり
高柳伸康氏(からころステーション)

●(仮)地域福祉コーディネーターとして地域と関わって
金子雄一氏(石巻社会福祉協議会 地域福祉コーディネーター)

●現在の調査経過報告の共有
a.宮武沙良氏(首都大学東京)
集落聴き取り調査報告

b.田仲聡氏(専修大学)
集落聴き取り調査報告


【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動


浜のちょっと良い話 (石巻市雄勝町)
10389359_10152017358451841_8265691812723841889_n.jpg

市街地の店のおつりが、浜で返ってきた・・・

おつりの間違えに気づいた店員さんが、
わざわざ浜までおいかけてくださり、
「レジの設定が間違えてすいません。」と、
おつりを返してくださいました。

ちょっとどころか、だいぶビックリ・・・。

暑い中、車を走らせてきてくれたので、
こちらが、申し訳ない気に・・・。

【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動
小屋作りの準備作業(宮城県石巻市)
s-CIMG4897.jpg

被災から4年目
宅地にもしっかり草の根が
張っています。

腰が・・・・・。

s-CIMG4905.jpg

s-CIMG4869_20140606133529a79.jpg




【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動


調査の資料整理 と 礼状書き(宮城県石巻市)

s-CIMG4295.jpg
 専修大学博士課程の田仲聡君です。地域に入り込んで調査をしています。祭りの御輿を担ぎ、日焼けしています。

s-CIMG4301 - コピー
 資料整理。

s-CIMG4302.jpg
 新潟中越の集落復興の記録誌を、送って下さいました。

s-CIMG4299.jpg
 聴き取り調査に協力してくださった方(転出者の方々)へ、ふるさと雄勝の雄勝ローズファクトリーガーデンの花のはがきでお礼状書きです。

【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動


復興まちづくり相談受入・資料収集(宮城県石巻市)
s-DSCF3551.jpg
s-CIMG4247_20140623124036e89.jpg
s-CIMG4249.jpg
s-DSCF3583.jpg
s-CIMG4255_201406231240504ef.jpg
s-DSCF3584 - コピー
s-CIMG4251.jpg
s-CIMG4244.jpg
s-CIMG4241_201406231240324b3.jpg
s-CIMG4239_20140623124031e68.jpg


【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動

打ち合わせ と 離半島部まち歩き
s-CIMG4169.jpg
 復興まちづくり打ち合わせ。

s-CIMG4170.jpg
 その後、車を学生に貸したので、まち歩きをしました。

s-CIMG4172_201406231223550b3.jpg
s-CIMG4173.jpg
s-CIMG4183_20140623122442795.jpg
s-CIMG4177.jpg
s-CIMG4179.jpg
s-CIMG4180.jpg
s-CIMG4187.jpg


【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動

支援者 と 地元住民 復興まちづくり打ち合わせ
s-CIMG4149_20140623120227b19.jpg
 午前中は、離半島部の復興まちづくりについて、東北大学の先生方と、神戸の方々で、これまでの経緯の整理と、今後について打ち合わせをしました。

s-CIMG4153_20140623120229667.jpg
 雄勝町T地区の復興部会の話合い。造成地の敷地割りについて、議論をしました。

【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動

室崎益輝先生が現地でアドバイスを頂く
 お忙しい中、
 室崎益輝教授(元消防研究所、兵庫県立大学センター長、神戸大学名誉教授)
 雄勝町を訪問してくださり、ありがとうございます。

 今後とも、ご指導よろしくお願いします。

s-CIMG4114.jpg

s-10320581_10152170663814053_6823591696412662429_n.jpg

s-1012895_10152170662659053_1071419192571360154_n.jpg

s-1924766_10152170671199053_5449025094143813116_n.jpg

s-10366103_10152170666424053_6556363519105312313_n.jpg

s-10371517_10152170666469053_5840070776120854152_n.jpg

s-CIMG4117.jpg

s-10320534_10152170666744053_8999687685222871937_n.jpg

s-s-CIMG4125.jpg

【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動

調査研究チームをつくろう
s-DSCF3237.jpg
石巻市にて、地域住民が、地域構造を理解し、持続的に地域を運営することを
考えられるための調査研究を実施するために、研究会を開催しています。

現在の被災地では、震災4年目を迎え、住宅再建の方向性が決まりつつある中、

s-CIMG3427 - コピー
▲移転地を悩む地域の人々

人口流出も進み状況が見にくくなっています。

s-立浜聴き取り調査(位置図)
▲ある浜の転出者の位置図

そこで、離半島部の浜や市街地の震災後の生活再建を追うための調査を企画して(既に行って)います。

震災後の生活再建を知るためには、震災前の生活を把握することが大事だと考えています。

s-DSCF1579.jpg
これまでは、ある浜から転出した方々の震災前の生活から、生活再建のお話を伺っています。

今後は、石巻市の離半島部の地区会長や、
浜の特徴を見据えた上で、聴き取り調査を行い、
復興に必要な視点を、当事者の言葉で整理し、
当事者の生活再建にかける想いの表現を応援したいと思っています。

聴き取り調査は随時行っています。(夏には、多くの学生や外部者を募集し、調査を行いたいと企画しています。)
一人一人の生活の中で出てくる想いを表現できればと想っています。

ご指導よろしくお願いします。

現在の日程(案) ※随時、更新いたします。
第一次 大規模仮設住宅の聴き取り調査
2014年8月27日~29日 ※26日集合

お問い合わせは、まち・コミ(078-578-1100)まで

s-CIMG4212.jpg


s-CIMG3431_20140624064001ce6.jpg


【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動




これまでの人脈から伝える

これまでのプロジェクトでお世話になった方々から、
東日本の被災地にて、

1.墨入れ
2.柱のレベルのとり方

を教えて頂きました。

s-CIMG3682.jpg

s-CIMG3705_20140505093553155.jpg


【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動



製材所の建屋づくり
s-DSC_1103 - コピー

s-DSC_1086.jpg

s-DSC_0105_20150504114034946.jpg

s-CIMG9989 - コピー

s-CIMG9997 - コピー

s-CIMG9994 - コピー

s-CIMG0022.jpg

s-CIMG0040 - コピー

【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動







浜の多様な “ 春 ”


半島部を、打ち合わせ等で周りながら、
いろいろな春に参加させていただくと共に
浜有り、山有り、畑有り、で驚き。。。。

●春の例大祭
s-CIMG3432_20140425011746ba0.jpg
 祭りを終えると、春漁が始まります(旧暦)。お神輿は、5月11日。

●田植えの準備
s-CIMG3441_20140425011743a59.jpg
 そろそろ肥料巻きです。ひとめぼれ専用肥料に驚き。。。

●湾を望む高台の公園の桜
s-CIMG3452_20140425011745c36.jpg
 昭和62年にできた高台の公園。残念ながら、今年が見納めのようです。

●草抜き
s-CIMG3435 - コピー
 草が生え始めます。いつも綺麗だと思っていたのですが、おばあさんが、草抜きをされていました。

●草餅
s-CIMG3438_20140425011741aee.jpg
 手作りされるそうで、行く先々で出てきます。。。






【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動

石巻-雄勝の風景あれこれ
s-CIMG3081 - コピー
 農地を土地利用転換し、民間の造成工事が始まっていました。防災集団移転促進事業の造成地も工事が行われています。どちらが先になるのか・・・・。

s-CIMG3097.jpg
 石巻市雄勝町大浜の高台移転造成地の本日の様子。

s-CIMG3089.jpg
 石巻市雄勝町の木材。

●旬の事柄
s-CIMG3079.jpg
 田んぼに肥料がまかれています。たくさんの肥料を、土になじませるため、ユンボで、耕しています。

s-CIMG3083.jpg
 北上川沿いの葦の収穫。

s-CIMG3105.jpg
 もずくガニが獲れる季節です。良い出汁がでます。

s-CIMG3108.jpg
・・・・

s-CIMG3107.jpg
 メカブです。

s-CIMG3106.jpg
 アンコウのキモの和え物です。

【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動


地元の人が語る 雄勝ウォーク 参加
s-CIMG2213.jpg

s-CIMG2205.jpg

s-CIMG2204.jpg

s-CIMG2196_20150304075949adf.jpg

s-CIMG2214.jpg

s-CIMG2234.jpg

s-CIMG2231.jpg

s-CIMG2256.jpg

先祖の植えた樹齢約 “ 100年 ” の木を、 将来の子孫が使う。(宮城県石巻市)
s-CIMG1882_20140304092126dc6.jpg

東日本大震災からの
住宅再建のために、
所有者 “ 自ら ” 伐採。

伐採後『生活再建は自ら動いてこそ!』と、にっこり。

倒れる時は、100年前の音が聞こえたような・・・・

s-CIMG1875.jpg

s-CIMG1851.jpg


【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動


s-CIMG0392.jpg
 石巻市で講演の後、浜を経由して、雄勝総合支所にて打ち合わせ。

s-CIMG0389.jpg
s-CIMG0396.jpg
石巻の夕景

浜からの帰り道、北上川沿いからか、西を望む。
何色ものグラデーションになって、
なんとも言えぬ感じ。

思わず車から降りて撮影

s-CIMG0404.jpg
この前、海の中の生態系を知るため、漁師さんと共に釣ったサバを料理しました。

【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動


ホタテの水揚げ作業(宮城県石巻市)
s-CIMG0286.jpg
s-CIMG0280_2013100316002160f.jpg
s-CIMG0287_20131003160022906.jpg
s-CIMG0291.jpg
s-CIMG0296_20131003160019091.jpg
s-CIMG0294.jpg


【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動



幸田雅治先生より書籍
s-CIMG4570.jpg
2013年、石巻に来て下さった幸田雅治先生の書籍。

市町村合併による防災力空洞化: 東日本大震災で露呈した弊害(ミネルヴァ書房 室崎益輝・幸田雅治 編著)
http://www.minervashobo.co.jp/book/b114569.html

内容説明(ホームページより)
既に批判がされている平成の大合併だが、実際に合併後の自治体では住民サービスの低下、住民との距離拡大など、団体自治及び住民自治の観点から地方自治劣化が懸念されている。そして東日本大震災では、市町村合併に伴う防災力低下により、発生直後の災害対応の脆弱性、復旧・復興段階における対応の困難性が指摘されている。本書では、住民の生命に関わる防災の観点から、平成の大合併の問題点を総括する。
浜のまちづくり人を回る(宮城県石巻市)
s-CIMG0142.jpg
ナミイタ・ラボ

住民の方々と
東北大学 と 東京チーム等
多くのボランティアで
地域の研究と活動をされています。

住民の方が、楽しそうに語ってくれました。

s-CIMG0144.jpg
s-CIMG0145.jpg
人の気配の感じる浜

毎日住民やボランティアが来られ、
集落を引き継ごうと、
草刈りや海の作業や農作業をされています。

津波により、海辺の家はほとんどないのに、
人がいる気配を感じます。

浜に入ると
いつでも人がいます。

s-CIMG0162 - コピー
釣り人多し

(漁師が水揚げする傍ら)
釣りシーズンが到来した休日
ということで、
港湾復旧工事したところに、
釣り人がいます。

s-CIMG0160.jpg
仮設住宅から引っ越し

防災集団移転促進事業の
高台移転候補地と重なり
工事が始まるため
仮設住宅から他の仮設住宅へ
引っ越し作業です。

また会えるとはいえ、
別れ惜しそうです。

震災以降、
8回 も
引っ越ししている方もいます。

s-CIMG0183.jpg

【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動

学生さんと共に勉強(2日目)
s-CIMG0049.jpg
s-CIMG0051.jpg
s-CIMG0079.jpg
s-CIMG0077.jpg


【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動

学生さんと共に勉強
s-CIMG9996.jpg
s-CIMG9968.jpg
s-CIMG9956_20130926093049016.jpg
s-CIMG0033.jpg
s-CIMG0023.jpg



【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動

石巻周辺にて奮闘する方々のお話を伺う
関西大学の皆様が、来て下さり、視察コーディネートをしながら、お話しを伺いました。

s-CIMG8942.jpg
地域復興支援ワンストップサービス
(復興大学・石巻専修大学)
で、伊東先生にお話しを伺いました。

s-CIMG8947.jpg
はまぐり堂にて

亀山先生が、お話しと共に、
しっかり学生のことも聴いてくださり、
学生を指導して下さっています。

s-CIMG8954.jpg
知恵 と 想い

島田 暢先生から、
これまでの経緯を伺いました。

s-CIMG8948.jpg
はまぐりプレート

地元の食材を生かした昼食。
一番前は、海苔の入ったパン。

料理長は、魚谷浩氏

s-CIMG8957.jpg

s-CIMG8980.jpg

s-CIMG8983.jpg

s-CIMG9013.jpg

s-CIMG9049.jpg

s-CIMG8939.jpg

s-CIMG8940.jpg



【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動




プロフィール

まち・コミュニケーション

Author:まち・コミュニケーション
まち・コミュニケーション
【連絡先】
電話:078-578-1100
メール:m-comi☆bj.wakwak.com(☆は@に変更下さい。)

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

   ┣ 御蔵学校 (46)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード