FC2ブログ
最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まち・コミブログ
阪神・淡路大震災まち支援グループ まち・コミュニケーションの活動日誌 ※写真は、震災やまちづくり学習研修受入をしている様子です。
語り部さんの映像紹介(震災体験学習受入)
DSC00036ブログ用
 まち・コミの阪神・淡路大震災体験学習の語り部さんの映像紹介です。
 (※ご視聴希望の方は、まち・コミにビデオがございますので、お問い合わせ下さいませ。)

 神戸地元サンテレビのニュースEyeランドの「震災を語り伝える」のコーナーで、阪神淡路大震災の被災体験を伝える「語り部」として、紹介されました。

1.児島ハツ子さん(2006年10月17日放映)
 91歳と最年長の語り部・児島ハツ子さんは、避難所での辛かった生活などを生徒達に語っている。

2.岩田弘子さん(2006年11月14日放映)
 72歳の岩田弘子さんは、自宅と経営していた子供服の店が震災で全焼。逃げる時に着ていたパジャマだけが残った。

3.岸田圭位子さん(2006年12月12日放映)
 須磨区で自宅が全壊した60歳の岸田圭位子さんは、御蔵の復興住宅に入居。住民のコミュニティ作りの大切さを訴える。

3.谷口トミ子さん(2007年1月23日放映)
 お好み焼き店を経営していた81歳の谷口トミ子さんは、震災で自宅兼店舗が全焼した。その経験から地震後の火災の恐怖を訴えている。

4.竹内千恵子さん(2007年2月6日放映)
 鉄工所を経営していた鉄工所が半壊の被害を受けた竹内千恵子さんは、がれきが多く残る状態を見て、「このままでは復興できない」と、がれき撤去に取り組み、その後も復興まちづくりに取り組む。命やコミュニティーの大切さを子供達に伝える。

5.伊藤隆之さん(2007年2月20日放映)
 長田区の自宅が半壊の被害を受けた会社員の伊藤隆之さん(59)は、破壊された街の様子を震災の当日から写真で記録し続けた。

6.鈴木八重子さん(2007年3月6日)
 御蔵通で夫と経営していた鉄工所と自宅が半壊となった鈴木八重子さん(80)は、被災時に受けた炊き出し支援のありがたさを伝える。

7.田中保三さん(2007年3月20日)
 御蔵通で経営する会社が震災で全壊・全焼した田中保三さんは、会社の復興と、その後の地域のコミュニティづくりに全力を注いだ。

※ご視聴、ご希望の方は、まち・コミまで、お気軽にお問い合わせくださいませ。ビデオがあります。

※その他、多くの震災や復興まちづくりに関連するビデオもあります。

【参考】
まち・コミでの阪神・淡路大震災学習受入について



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://machicomi.blog42.fc2.com/tb.php/1004-c338f9e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

まち・コミュニケーション

Author:まち・コミュニケーション
まち・コミュニケーション
【連絡先】
電話:078-578-1100
メール:m-comi☆bj.wakwak.com(☆は@に変更下さい。)

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

   ┣ 御蔵学校 (49)

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

RSSフィード