FC2ブログ
最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まち・コミブログ
阪神・淡路大震災まち支援グループ まち・コミュニケーションの活動日誌 ※写真は、震災やまちづくり学習研修受入をしている様子です。
Common Ground Relife に行ってきました。
CIMG0720-s.jpg
 1月29日、“Common Ground Relife”に、視察、交流に行ってきました。

CIMG0725-s.jpg
 Thom Pepper(Operationd Director)さんに、お話をいただきました。
 カトリーナ災害1週間後、シェルター、病院、子供のケアが必要になったそうです。“Common Ground Relife”は、3000人のボランティアが、11,000人の炊き出しをしました。

 その後、現在までの、具体的な活動。
1.地域に戻れるための住宅再建、法律相談。
2.湿地に木を植える。その苗を育てる。
 湿地に、木がなくなったため、保水力がなくなったようで、水害等に弱い。それに、ニューオリンズの電気エネルギーの40%は、貯まった水のポンプ処理のために使われているようです。
 
 すべての活動に、教育の視点を入れられています。よって、多くの学生ボランティアが居ます。メールを送っているの人数は、18,000人だとか。。
 この春から、1,000人の学生ボランティアが来て、住宅再建等の活動に参加するようです。実際、ボランティアのための部屋ができており、参加費は、$20(食費、宿泊費/1日)だそうです。

CIMG0830-s.jpg
 各家を訪問し、生活や法律の相談にのっている Benjamin C. Varadi さんです。
 (空手を習っているそうで、少しおちゃめなポーズをしてくださいました。地域住民に愛される弁護士さんです。)

 我々のインタビュー中に、帰ってきましたので、お話を伺いました。彼は、2006年3月にパソコン1つを車に積み、ニューオリンズへボランティアにやってきました。その後、法律の大事さを知り、law schoolへ通い、見事、弁護士になられたそうです。
 その後も、被災地の支援に、学生たちと走り回っています。
 お話を伺っている途中で、学生とのまとめの打ち合わせになり、急いで行かれました。
 

【参考】
2011年ニューオリンズ視察の全行程



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://machicomi.blog42.fc2.com/tb.php/1417-c18c8f4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

まち・コミュニケーション

Author:まち・コミュニケーション
まち・コミュニケーション
【連絡先】
電話:078-578-1100
メール:m-comi☆bj.wakwak.com(☆は@に変更下さい。)

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

   ┣ 御蔵学校 (49)

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

RSSフィード