最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まち・コミブログ
阪神・淡路大震災まち支援グループ まち・コミュニケーションの活動日誌 ※写真は、震災やまちづくり学習研修受入をしている様子です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雄勝町明神地区塩竃神社のお祭り と 雄勝硯加工見学 と 北上町のワークショップに参加 (12日目)
 4月25日、午前中は、雄勝町(明神地区)にある塩竃神社の祭りを見せていただきました。地元の方が、「どんなことをしているのか見ていってください。」と、神社の建物の中に入れていただき、神事を見せていただきました。

s-CIMG6917.jpg
 終了後、昼食のため、中心地の仮設商店街に戻ってくると、人だかりがありました。
 近寄ってみると、雄勝スレート石を裁断していました。

s-CIMG6921.jpg

 本日、加工の機械や運搬の手段、そして採掘場までの道路が開通し、採掘できたそうです。組合長さんが、熱心に説明してくださいました。
 最初のスレート石と使用技術は、神戸港を通じて、ドイツから来たそうです。(先日、雄勝町で使用されている硯加工機を見せていただいた時、ドイツ製の機械がありました。)
 ナウマン象を発見したナウマン先生(当時東京大学教授)が、三陸を歩かれ、雄勝町付近には、宝が眠っていると言われたそうです。
 そして、明治10年には、雄勝町にスレート石の加工の工場ができたそうです。
雄勝町の方々が、船にスレート石に乗せて、兵庫県の県庁のスレートを、葺きにいったそうです。

s-CIMG6949.jpg
 午後は、水浜地区に行き、地域状況調査を行いました。

s-CIMG7038.jpg
 夜は、被災地の専門的な支援活動をされている仙台の建築士佐々木文彦氏(日本建築家協会 登録建築家)のご協力で、北上町大室地区の住民が参加するワークショップに参加させていただきました。
 地元の漁業支援をしているNPOや、北海道大学の学生さんも、ワークショップを支援していました。

【参考】
まち・コミの東日本大震災における活動



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://machicomi.blog42.fc2.com/tb.php/1694-d3e37856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

まち・コミュニケーション

Author:まち・コミュニケーション
まち・コミュニケーション
【連絡先】
電話:078-578-1100
メール:m-comi☆bj.wakwak.com(☆は@に変更下さい。)

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

   ┣ 御蔵学校 (46)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。